源氏物語

源氏物語
ブログを始めた最初の日に書いたのが、この源氏物語でした。
それから丸3か月。
やっと全10巻読破しました。
感想は、思った以上に曖昧で、不完全燃焼の感が強かったです。
例えば、女君たちの死についての記述は、亡くなる前からの描写も鮮明に詳しく書かれているのに、源氏の君には、雲隠れという白紙の1枚で済まされたりするので、ええ~っ。っていう感じです。
平安時代の生活様式や、寿命も想像できませんでした。
病気になった時には祈祷師を呼んで平癒祈願をして、物の怪を追い出す場面が多いのにびっくり。
未開地の部族みたいだと思ったりしました。
寿命も女君のほとんどが、20~30代で亡くなっていて、その原因は気の病。
心の弱いところがあると、気にして悩み食欲をなくし、衰弱するというパターンです。
恋愛小説ですが、現代のっていうか庶民の生活とかけ離れていて、ちょっと滑稽な場面もありました。
光源氏が亡くなってからの次世代は、これもまた消化不良の感ありで、結末があるような無いような。
でも知らなかった光源氏の世界が、おぼろげながらも分かっただけでも、読んでよかったと思いました。
また他の人の源氏物語にも挑戦しようかなと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

読書家やね~っ!

この間はお世話になりました。
楽しい一日をほんとうにありがとう。
「源氏・・・」を読まれていたんですねえ。
私の読書は絵本ばかりのこの頃です。
あやかりたいものです。

こちらこそ。
ホント楽しかったね。
リベンジしますか?
プロフィール

紫ラベンダー

Author:紫ラベンダー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード