お盆の話


母の7回忌に受けたお説教です。
お盆は正式に盂蘭盆(うらぼん)インドの言葉で「ウランバナ」の音写だそうです。
苦しい状態から救われるという意味だそうです。

いまから2500年ほど前、お釈迦様の弟子に神通力第1の目蓮尊者という方がおられました。
目連は、亡き母をしのんで、神通力で今どこにおいでになるかと探しましたが、みつかりません。
意外なことにやっと見つけた母は、餓鬼の世界におりました。
餓えに髪を逆立て恐ろしい形相の母に呆然として、「あの美しく優しい母がどうしてあのような醜い姿になったのか」と、お釈迦様に尋ねました。お釈迦様は「お前の母は生前中、お前かわいさの余り
他を思いやることもせず、自己中心的な行為が多かった。その結果、死後の世界は一切思いどおりにならない餓鬼の世界に落ちたのだ。」と答えられました。
目連はそのお話に納得しながらも、自分のために餓鬼の世界に入った母を、救いたいと思い「何とか救う手だてはないものか」尋ねたら、「7月15日に全ての修行僧が一堂に会します。その修行僧に分け隔てなく供養しなさい。そうすればその功徳によって母は救われるであろう。ただし自分の母だけを救うことを考えてはいけない親、兄弟、先祖様をはじめ苦しんでいるすべての人が救われるよう無心に供養しなさい。」と説かれたそうです。
人の命は全部繋がっていて、自分と他人の区別なく幸せを分かち合い、今ある自分に感謝する日
それがお盆だそうです。
スポンサーサイト

テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紫ラベンダー

Author:紫ラベンダー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード