スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの楽園

最近読んだ本です。
カエルにどんな楽園が待っているのかと思いきや、次々に難題が山積みで政治的な背景が
ちらつく、考えさせられる本でした。
小さい時から、マインドコントロールされればこんな行動にでるんだなって思うような場面があったりして、
私はこの日、変な夢ばかり見て眠れませんでした。
DSC_0380_Fotor_Collage.jpg
スポンサーサイト

最近読んだ本

DSC02342_Fotor_Collage.jpg
感想とか書かないでいると、本のタイトルすら覚えていないことが多い私。
覚書程度でも書いておきたくて・・・。
1冊目は陸王
前から読みたくて機会がなかった本でした。
下町ロケットの職業を足袋屋のシューズに変えたような、
池井戸潤さん特有の企業と銀行の駆け引きがすごく面白くて、一気読みしてしまいました。
何といっても、経営者の努力と、発想(頭の柔らかさ)が小気味よいです。
そして、最後はハッピーエンド。
陸王読んだので民王も読みたくなりました。

2冊目は舟を編む
この本に出会って、辞書を作るお仕事の大変さを知りました。
出版社の裏側というか、本のジャンルでこんなにも仕事の進め方が違うということも知りました。
15年の歳月をかけて、コツコツと進めていく職人に似た作業は、誰にでも出来るものでは
ないなぁと感心しました。
そして、作者の三浦しをんの情報のリサーチ力はスゴイ!

海の見える理髪店

DSC_0180.jpg
小説は長編が好きな私は、短編はあまり読まないのですが、
荻原 浩さんのこの短編集、夢中になりました。
海の見える理髪店
いつか来た道
遠くから来た手紙
空は今日もスカイ
時のない時計
成人式
6篇の小説が詰まっていて、短い字数で 
こんなにも心に残るものが書けるってスゴイ!
って思いました。

沈まぬ太陽

山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」全5冊を1週間くらいで一気読みしてしまいました。
渡辺謙さん主演で映画化されていたらしいのですが、私は見てなかったです。
一言でいえば”衝撃的”でした。
入社してから数年の主人公が、組合の委員長として過酷な環境を是正していく
姿を赤裸々に描写しています。
その為、人事異動でカラチ→テヘラン→ナイロビと海外の僻地を盥回しされ続けます。
その後、あの御巣鷹山での大事故が起こります。
安全第一であるはずの航空会社が、整備不備やパイロットの勤務状況の無理を承知で
飛行機を運行した、ある種危険を予知できる人的ミスの温床になっています。
御巣鷹山での事故処理で、主人公はお客様係を命じられます。
それぞれの家族の葛藤は、悲惨以外になにもない状況です。
そんな中、事故責任で社長が退職し、会社立直しの為に総理大臣推薦の、後任の会長から社長室勤務の辞令がでます。
民間企業出身の会長は、一人ひとりの会話から、会社を立て直す手段を見つけようと、主人公と悪戦苦闘します。
ここで目を疑うことに遭遇します。
会社のお金を自由に使いたいって考えているのは、会長を推薦した総理大臣だったということでした。
会長は潔癖な人でしたから、ある程度の実績を上げたということで、辞任します。
そして主人公は、またナイロビへの転勤を言い渡されてしまいます。
なんで?
大きな疑問とどうしようもない憤怒で、いっぱいになりました。
山崎さんは、リサーチを徹底的にする人って聞いていたから、
いったいどこまでが本当のことなのかしらって思いました。
山崎さんの他の本が気になります。
DSC00939_Fotor.jpg

源氏物語

源氏物語
ブログを始めた最初の日に書いたのが、この源氏物語でした。
それから丸3か月。
やっと全10巻読破しました。
感想は、思った以上に曖昧で、不完全燃焼の感が強かったです。
例えば、女君たちの死についての記述は、亡くなる前からの描写も鮮明に詳しく書かれているのに、源氏の君には、雲隠れという白紙の1枚で済まされたりするので、ええ~っ。っていう感じです。
平安時代の生活様式や、寿命も想像できませんでした。
病気になった時には祈祷師を呼んで平癒祈願をして、物の怪を追い出す場面が多いのにびっくり。
未開地の部族みたいだと思ったりしました。
寿命も女君のほとんどが、20~30代で亡くなっていて、その原因は気の病。
心の弱いところがあると、気にして悩み食欲をなくし、衰弱するというパターンです。
恋愛小説ですが、現代のっていうか庶民の生活とかけ離れていて、ちょっと滑稽な場面もありました。
光源氏が亡くなってからの次世代は、これもまた消化不良の感ありで、結末があるような無いような。
でも知らなかった光源氏の世界が、おぼろげながらも分かっただけでも、読んでよかったと思いました。
また他の人の源氏物語にも挑戦しようかなと思っています。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

プロフィール

紫ラベンダー

Author:紫ラベンダー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。